マンションの外壁リフォームを検討している人に勧めたい

外壁修繕の種類

外壁リフォームにも種類がある!

うちのマンションで行ったように、外壁リフォームといえば
「塗り直し」というイメージが強いですよね。


塗り直しをすれば、見た目にもわかりやすくきれいになるし、
つい他の部分には目がいかなくなってしまうのですが、
外壁リフォームには塗り直し以外にもいろいろな種類があるのです。


大掛かりな工事であれば、従来のように足場を組んで行うのもひとつの方法ですが、
「ちょっとしたひび割れ補修」とか「部分的にタイルが浮いてきた」という程度であれば、
わざわざ足場を組まずにピンポイントで作業してもらえる無足場の方が利用しやすいのは確かです。
■無足場工法についてはこちらのページで詳しく書いています(^^)■


「そのうち大規模な塗り替えを行う予定だけど、今は雨漏りの補修だけ」
というような、計画的な修繕の進め方にも対応しやすいと思いますよ。

外壁工事いろいろ

素人調べではありますが参考までに。
大工さんや業者さんと話していて「???」となったら読んでください。

■タイル工事
外壁をタイルにしているマンションや住宅も増えています。
塗り直しなどのメンテナンスはありませんが、
タイルの一部が浮いてきてしまうことがあります。
放置しておくと、最悪の場合落下してしまい、大変危険。
その場合、浮いてきたタイルを張り替える工事が必要になります。


■シーリング工事
建物の外壁には、気温による収縮や衝撃吸収のため、
計画的に隙間を空けてあります。これを「目地」というんだそうで、
シーリングとは、この目地から漏水などを防ぐための充填剤のことです。
既存のシーリングの上から新しいシーリングを重ねて充填することは
『打ち増し(増し打ち)』と呼ばれ、
既存シーリングを撤去して新しいシーリングを充填し直すことを
『打ち替え』と呼ばれます。


■爆裂補修
建物内の鉄骨がさびると、膨らんで表面のコンクリートを砕いてしまうことがあります。
こういった下地の補修を行います。


■クラック(ひび)補修
ひびの部分にシーリングやモルタルを充填し、
他の塗装面に合わせた色の塗装で仕上げます。

 

その他の高所作業


■ベントキャップ取替え

外壁に設ける給気・排気の開口部に取り付ける部材のことを
ベントキャップといいます。 この取替え工事なども行います。
「ベントキャップに鳥が巣を作ってしまった」 ということでの交換もあるそうですよ。


■看板撤去
古くなった看板を撤去する工事も行います。
「看板の内側に鳥が巣を作って、腐食してきた」
「もうお店がないのに看板だけが取り残されている」
という話もよくあるそうです。鳥には要注意ですね…。


他の補修工事のついでならともかく、
看板を取り外すためだけに足場を組むのももったいない気がしますよね。
そんな時には、気軽に(?)無足場作業ができる業者に依頼するのもいいかと思います。

 
比べてガッテン!無足場外壁リフォーム業者を比較・検証