マンションの外壁リフォームを検討している人に勧めたい

修繕を怠ると起きるトラブル

塗膜の白亜化・剥がれ

うちのマンションの塗り直しをしてもらった業者さんについて

何気なくマンションの外壁に触れたとき、指に真っ白な粉がついた経験はありませんか?
建物の周りで遊んでいる子供が手を汚したぐらいならともかく、
黒っぽい服につくとなかなか落ちなくて、苦情が寄せられることもあるようです。
これは「白亜化(チョーキング)」と呼ばれており、
わかりやすい塗り直しの目安とされている現象です。


雨・風・紫外線などによって外壁の塗料が分解され、
表面がしだいにポロポロと白い粉状になっていきます。
この現象が表れ始めたら、そろそろ塗り直しを検討するサインです。
壁の塗膜が一部剥がれてしまったような場合は、劣化というより“施工時のミス”を疑うべきだそうです。


特にモルタルの場合、外壁から塗装がはがれるというトラブルは、
非常に少ないケースだそうです。


剥がれがあったらそこだけ塗り直しをすることもできますが、
前回とは業者を替えたほうがいいかもしれないですね!
 

モルタルのひび割れ

アパートやマンションの外壁にうっすらとできているのを見かけることがあります。


原因にはいくつか可能性がありますが、多いのは「乾燥によるひび割れ」
新築時のモルタル施工後、モルタルの成分から水分が蒸発していく乾燥過程で起こります。
乾燥によってモルタルそのものが収縮し、ひび割れができてしまうと言われます。
(モルタルとは?)


細かく、うっすらとした亀裂がたくさん入ることがありますが、
ある一定以上は大きくなりません。


しかし、ひびがあるとそこから水分が入り込み、カビの原因ともなるので補修は必要です。
また、気をつけなければいけないのが「建物のゆがみで生じるひび」


建物は、新築のときから各部分で少しずつ膨張・収縮を繰り返し、
ひびが生じる事例があります。
築10年ほど経てば、家自体が落ち着いてくるので、
それ以降は大きなひびは入りにくいとも言われます。


また、建物の建っている地盤がゆるいと、
地震や車が通る際の振動でもひびが入ってしまうことがあります。


この場合はひびの幅も広く、基礎部分も注意して見る必要があります。
ここまでいってしまうと外壁という範囲を超えてくる話ですが・・・(^^;)
 

外壁のカビ

建物の外側に、うっすらと緑色のコケのような藻のような?
何かが生えているのを見たことがある人はいるでしょうか。


この緑色の正体は、カビです。
日光が当たりにくい北側や、隣の建物との隙間が狭い建物の壁にはよく発生します。


この緑色のカビが発生した建物は、いかにもさびれた感じがするし、
マンションの場合は敬遠されそうですよね。


確かに見た目は悪いのですが、実は建物の耐久性には特に問題ありません。
高圧洗浄できれいになる場合もありますが、
一度根付いたカビの菌糸は深くはびこっているので、
洗浄では取りきれない部分がまた出てくることがあります。


防カビ剤の入った塗料で塗り直しすれば、
根付いたカビも死滅し、新たなカビもつきにくくなるはずです。
 

 
比べてガッテン!無足場外壁リフォーム業者を比較・検証