マンションの外壁リフォームを検討している人に勧めたい

適切な外壁リフォーム時期は?

いつ頃がベストタイミング?


外壁は風雨や寒暖の変化など、気象条件に絶えずさらされているため、
建物全体の中でも最も年月による劣化が激しい部分だと言えます。


その上、雨水や泥、排気ガスや紫外線によっても汚れがついてきて、
表面の塗装が変色するなど、美観を損ねやすくなります。
中身がきれいでも、外壁がくたびれているとボロアパートに見えてしまったり
セキュリティが甘かろうと犯罪者に目をつけられます。


外壁リフォームを行う時期で一番多いのは築10年とのことですが、
新築時の工事がずさんだった場合、たとえ築5年でも経年劣化の激しいケースが見られるそうです。


小さな範囲でも、塗装の剥がれやタイルの浮きが見られる場合は、早めの修繕が必要です。
「たいしたことはないだろう」と思ってしまいがちな小さなトラブルも、
美観だけでなく建物の寿命そのものを縮める可能性があるので、
築5年、築10年といったスパンで定期的な“健康診断”をしておくといいかもしれません。
うちのマンションも、できるだけ今の状態を保って入居者を保持しておきたいですからね~。
 

こうなったら塗り替え時期


「なんだか周りのビルやマンションに比べて汚くなったなあ」
うちのマンションの場合、そんな実感が今回のリフォームを考えるきっかけとなりました。
TOPにも書いたとおり、外観が薄暗く見えるため
入居者がなかなか入らないという切実な問題があったのも事実です。


さて、外壁がどれぐらい傷んでいるかがすぐわかるチェック項目はこちらです。


【その1】汚れやカビによる塗装の変色、褪色
目で見て判別しやすい劣化です。耐火性や防水性などへの影響はありませんが、
建物の美観を損なうので、塗り替えや汚れ落としの実施がお勧め。


【その2】ひび割れ
モルタル(モルタルとは?)吹き付け壁の表面に見た目で分かるひびが生じていたら要注意。
ひび割れから雨水が侵入し、建物の寿命を縮める可能性があります。


【その3】塗装の剥がれ
小さな範囲でも、塗装が剥がれていたら要注意。
剥がれた箇所から水が侵入して、ますます剥落の範囲広がり、建物の寿命に影響します。
早急にリフォームが必要。


【その4】シーリングの劣化(シーリングとは?)
サイディングボード使用の場合に起こります。
板をジョイントするシーリングが劣化して、シーリングにひび割れが生じるのが
施工後5年程度と言われています。
ひび割れが大きくなると、そこから雨水が浸入して傷みがひどくなります。


【その5】サイディングの割れ、歪み(サイディングとは?)
気候の変化などによる膨張が原因でサイディング材自体が歪んだり、
ひび割れたりする場合があります。
すぐに張り替えをお勧めします!

 

ライフサイクルコストって?

建物をひとつの人生とすると、その生涯に渡って必要となる修繕・保守などの経費を
「ライフサイクルコスト」というそうです。
人間の寿命と同じように、建物にも耐用年数があるという考え方ですね。


人間の人生を考えると、学校を卒業するまでに○○万円、結婚で○○万円…など、
ライフスタイルの変化によって必要なコストをある程度計算することができます。


建物のライフサイクルコストも同様に、
竣工○年で最初のリフォーム、外壁は傷みやすいから○年ごとに定期診断を行う…というように、
長期的なプランを持つことが必要だと言えるでしょう。


適切なリフォームを適切な時期に行えば、ライフサイクルコストを低く抑えて
快適な住環境を維持することができるはずです。


うちのマンションも、今後の展望について見通しを持っておかなくてはと思います!
とりあえず、5年後にはまた全体の見直し診断を行うつもりです。
 

 
比べてガッテン!無足場外壁リフォーム業者を比較・検証