マンションの外壁リフォームを検討している人に勧めたい

工事前の準備

住民に挨拶

外壁の塗り直しだけでも、マンションの場合はやはりそれなりの規模になります。
当然、出入りや洗濯物の干し方についても不便をかけることになるので、
まずは居住者に説明を兼ねた挨拶に回ります。


自分はマンションの管理をしているので
私(正確にはマンション持ち主は私の父なんですが)と、
オフィスチャンプの営業さんで一緒に粗品を持って回りました。
全員が在宅ということはほとんどないので、不在宅には手紙を入れたり、
再度訪問して挨拶することも大事です。
「聞いてないよ!」と怒られてからでは遅いんですよね。


挨拶自体は工事開始の2週間前ぐらいを目安に行いますが、
工事が決定した時点で前もって「外壁工事を行います」という告知をしておいた方がよいでしょう。
居住者にはもちろん工事についての説明を行い、理解を求めますが、
他のマンションでは「ちょうどうちの子供が受験だから今年はやめてほしい」という申し入れがあって、
散々もめたという話を聞いたりしました。
入居者の多いマンションでは調整が難しいです。


どう気をつけていてもトラブルの可能性はゼロではないので、
苦情の申し入れ先をしっかり告知しておくとよいでしょう。

ちなみにうちが管理しているマンションの場合はファミリー向けの部屋が少なく
独り身の方が多いからなのか、ほとんど「はぁ、どうぞ」で済むパターンでした。

一緒に回ってくれたオフィスチャンプの営業さんが
しっかり説明してくれたからからかもしれません。
こういうこともしっかりやってくれる業者さんは信頼できます(^^)

業者さんのサイトの貼っておきますね。>>オフィスチャンプ

 

これも重要!近隣への挨拶

こちらも非常~に重要なポイント、近隣への挨拶です。


住民への挨拶と同様、粗品を持って、営業マンと一緒に回ります。
こちらもなるべく直接顔を合わせてご挨拶できるように、
不在のところは何度か出直しました。


普段はうまくお付き合いしていても、大規模リフォームともなれば、
知らず知らずご迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

こちらも入居者のときと同様、挨拶回りと
「苦情の申し入れ先はこちらまで」という告知をさせていただきました。
 

建物周辺の物を移動

業者さんがササ~と手早くやってくださる場合もありますが
植木鉢やゴミボックスなどが建物周辺の
工事作業の妨げになる場所にある場合は
一時的に移動させるなりしておいたほうがいいでしょう。


うちのマンションはエントランスの横にゴミボックスを置いていたので
昼間の工事作業中は裏口に移動させることにしました。
キャスター付きでよかったです(^^;)
 

業者・職人さんとの付き合いも大切

私はこの心構えも大切なポイントだと思っています。
「こっちがお金を払ってるんだから」という気持ちでいては、
お互いに気持ちよく工事を進めることはできないはずです。


あくまで協力体制を取り、何か不都合があればこちらも速やかに対応したり、
苦情が直接職人さんに向かわないよう、こちらで当然対処します。
「職人さんに差し入れや心づけは?」と気になる方がいるかもしれませんが、
そんなに気にしなくてもいいでしょう。
(私は一度嫁が握ったおにぎりとペットボトルのお茶を持って行った程度ですが・・・)


今回のリフォームが終わっても、定期点検やアフターフォローで
関係をつないでくれる業者も多いはず。
こうして職人さんを含め、業者といい関係を築けていれば、
万一トラブルがあったときにも信頼して任せられます。

 
比べてガッテン!無足場外壁リフォーム業者を比較・検証