マンションの外壁リフォームを検討している人に勧めたい

見積もりを取るときのチェック事項

見積もりを取る際、確認したいこと

「この業者でもいいかな」「こっちも捨てがたい」という業者が
2,3社ぐらいに絞り込まれたら、いよいよ見積もりを出してもらいます。
その時には次の確認をお忘れなく!


1・行う工事の内容について、業者と施主の合意が取れているか
基本の基本です。
施主が「外壁の塗り直しだけでいいや」と思っていたのに、
業者はあらゆる部分の補修まで盛り込んだ、総リフォームの見積もりを作成してきたら、
お互いに無駄ですよね。
あらかじめ予算と、壁なら「壁だけで結構です」としっかり言いましょう。


2・見積もり書にはどこまで詳しく記載されるのか?
せっかく依頼した見積もり書ですが、
まさか「工事名・費用・合計」だけで終了ということはないですよね?
本来、見積もり書には「工事の部分・使用する資材(品番まで明記なら尚良い)・資材の数量」が
それぞれ明確に記載され、総費用を確認できるものであることが望ましいです。

それらが明記されることを一言確認してから、
見積もり作成を依頼するといいかもしれません。


3・当然、無料ですよね?
「見積もりまでは無料」という業者が多いので多分大丈夫だと思いますが、
一言これも確認してみるといいかもしれません(笑)
とはいえ、リフォームの見積もりはかなり労力を使います。
規模も違えばデザインも違う、さまざまな建物の大きさを測り、
工事に必要な資材を選択し、施主の希望を盛り込んだ仕上がりになるにはどうすればいいのか?
職人さんの手間や人数を検討したり、算出するにはかなりの時間がかかるでしょう。
こうした労力を考えると、大工さんは大変ですね(^^;)
 

契約書時に確認することは?

見積もり書で納得がいったら、いよいよ契約です。
大きな買い物となる契約ですので、ハンコを押すことには慎重になってください。


図面や見積もりで明記されている工事内容は、どこからどこまでか?
金額はいくらで、工期はいつか。着工日は。
保証や支払条件に思い違いはないか?
「○○についてはサービスしますよ」というような、
口先だけの約束はきちんと書面になっているか どうか確認しましょう。


同様に、「ついでにやっておきますよ」と口で言われた作業が料金なしのサービスなのか、
有料での作業になるのか、あとからトラブルになることが多いのでここにも注意です。
 

工程表の確認も必要

言わなくても出してくれるとは思うのですが、
重要な書面として、「工程表」の提出を求めましょう。


工程表とは、簡単に言えば工事のスケジュール表のことです。
着工から何ヶ月、何日で完成になるか、
工事中に行われる各種の工事(外壁塗装、雨漏り補修、クラック工事…など)を項目別に、
いつどれだけの日数をかけて行うかということが明記されています。


悪天候などによって、工程表通りに進まないこともよくありますが、
施主がこのスケジュールを把握していることが大事です。


特にマンション経営の場合は、
住民や近隣の店舗から問い合わせがくることもある ので、
いつも工事の進捗には気を配っておくべきですね。
 

 
比べてガッテン!無足場外壁リフォーム業者を比較・検証