マンションの外壁リフォームを検討している人に勧めたい

総建ハウス

このページでは、無足場工法を使って外壁の塗装や補修・調査を行っている、総建ハウスについて紹介します。

総建ハウスの特徴

総建ハウスは、足場をかけない無足場工法を利用して、外壁工事を行っている業者です。

足場を使った工事よりも、無足場工法(ブランコ工法)やゴンドラを使った作業をメインに行っている業者ですので、

無足場工法に関する経験の多さや技術の確かさは、期待できそうです。

外壁塗装のほかにも、外壁の補修や洗浄・調査、ガラス清掃から、看板の取り付けまで取り扱っています。また、内装の改修工事なども行っているようです。

総建ハウスでは、建物は10数年ごとにまとめて改修工事をするよりも、適切な時期にピンポイントでこまめに工事をしていったほうが、長持ちすると考えているそう。

そのピンポイント工事に最適な方法として、無足場工法を勧めています。

足場を使うと、工事のたびに高い足場代がかかるため、こまめにピンポイント工事をしようとすると、工事費用がかさんでしまいます。

それに対し、無足場工法であれば、足場代が必要ないので、部分的な改修工事であっても割高になりません。

また、工事にかかる時間も少なくて済む(たとえば雨漏り補修なら、調査開始から補修完了まで2時間弱で済んだという例も)ので、
無足場工法のほうが無駄のない改修ができ、ピンポイント工事に向いているのです。

さらに、総建ハウスでは、「必要のない工事は提案しない」ことを心掛けているそう。

たいていの業者は、外壁の改修を依頼すると、建物全体のひと通りの見積もりを出してきます。

しかし、塗装やシーリング打ち替えなどは、必ずしも建物全体に施工する必要があるとは限りません。

総建ハウスでは、施工の必要のない部分をきちんと見極め、見積もりに含まない、もしくはその部分を含んだものと含まないもの、2種類の見積もりを作成します。

無駄な工事を省くことができるので、費用や工期を抑えられますし、安心して依頼できますね。

総建ハウスの会社概要

会社名 総建ハウス
住所 東京都豊島区要町3-1-13-420
事業内容

外壁塗装、補修、洗浄作業、外壁調査、ガラス清掃、看板取付け、内装工事など

資本金 記載なし
従業者数 記載なし
 
比べてガッテン!無足場外壁リフォーム業者を比較・検証