マンションの外壁リフォームを検討している人に勧めたい

業者選びのポイント

何を基準に施工会社を選べばいいか

外壁リフォームを請け負う業者は、無足場・足場付きに関わらず、それこそ無数にいます。
その中から「ここだ!」と思える1社を選んで依頼しなくてはなりません。

私の経験から考えた基準に過ぎませんが、私は業者選びは結構うまかったとおもうので
こんな会社に頼むと良いという事例を挙げておきます。参考にしてみてください。

うちのマンションの塗り直しをしてもらった業者さんについて
 

営業マンの知識と経験を探る

私が1番重視したのは
営業マンがどれぐらい現場の知識を持っているか。
大きな基準はまずこのポイントです。

「接客の態度がよくなくてはダメだ」という人もいますが、
いくら愛想がよくても、営業マンが現場のことに無知識だったら意味がないです。


私がお願いした業者(オフィスチャンプという都内の塗装業者です)の営業さんは
最初、「この際、できるところは全部リフォームしようと思っている」とお話していたのに、
いざ下見してもらうと、「○○の部分は補修が必要、××の部分は必要なし」というように、
必要なところだけの工事内容となっていました。
もちろんコストもその分低くなるし、業者に対して信頼感が高まりますね。

そこの営業さんはもともと現場にいた方で、
作業工程についても全部理解していると言っていました。
頼もしかったです(^^)


施主はお金を出しますが、作業にはド素人なので
言いたい放題の施主に愛想よくふるまうだけの営業マンだったら、
施主の言うままに現場では首をかしげるような不要な工事を追加したり、
無理なコスト削減を承諾してしまって、
現場の職人が手を抜かざるを得ないような事態に陥る可能性もあります。


営業はイエスマンではなく、知識のない施主の意見にNOが言える
知識・経験共にしっかりした人がいいでしょう。
 

業者選び・その他のポイント

【会社の設立年の確認】
無足場での施工を行う業者は、最近急激に増加したそうです。
作業内容は高い技能を要するので、ベテラン職人に依頼したいのは当然のこと。
あまりにも設立年数の浅い業者は、その会社のことをよく知っている場合でない限り
避けた方が無難です。


【遠方の業者はなるべく避ける】
これは当然ですよね。広いエリアの範囲で請け負いますよ、と言ってくれる業者もありますが、
アフターフォローも必要だし、万一のトラブルにもすぐに対応してもらえるよう
近場の業者を選びたいものです。


以上は早い段階で判断できるポイントなので、
ここで絞り込んでから営業マンとの打ち合わせに進むといいかもしれませんね。


いろいろな考え方の人がいるので、業者の選び方も千差万別ですが
実際にリフォームする建物の状態にもよりますので、あくまで参考程度に考えてください。

 
比べてガッテン!無足場外壁リフォーム業者を比較・検証