マンションの外壁リフォームを検討している人に勧めたい

関東ビルテック

無足場工法でビルやマンションなどの外壁改修工事全般を手掛けている、関東ビルテックの特徴や詳細情報を紹介しています。

関東ビルテックの無足場工法の特徴

ビルやマンションの外壁改修工事などを行うときは、仮設の足場を組んで行うのが一般的。
ですが、関東ビルテックは無足場工法も取り入れています。

無足場工法はロープブランコ工法とも呼ばれ、屋根からロープで吊り下げたブランコのような装置に、作業者が座り施工していく工法です。
足場を作らなくてよく、工事費用の大幅なコスト削減が図れるためニーズが増えています。

足場が無いことで、工事の危険性を心配する人もいるかもしれません。
工事現場である以上、なんらかのリスクはどんな工法にもあるでしょう。
関東ビルテックは、様々なリスクに備えた安全対策が万全です。
施工中の安全保護具の着用、工具の落下の防止、屋上には親網を張る…など様々な対策を図り安全第一を心がけています。
また、無足場工法では、工事が危険な場合などは、仮設足場を組む提案もしてくれます。
外壁改修工事で20年の実績を持つ、専門の職人が作業をしてくれますから安心でしょう。

無足場工法のメリット

関東ビルテックの無足場工法のメリットは以下の5つです。

  • メリット1:工事費用のコスト削減
  • メリット2:部分的な工事が可能
  • メリット3:防犯上の不安を解消
  • メリット4:入居者やテナントの負担を軽減
  • メリット5:隣家の方への負担の軽減

足場の組み立ては、外壁工事費用の大半を占めるそうです。
足場を組まないだけで、外壁工事の費用はかなり軽減できるのだとか。
雨漏りや雨樋の補修など部分的な工事が必要な時でも、関東ビルテックでは、その箇所だけの補修も行ってくれます。

足場を組むとシートで覆われ圧迫感があったり、足場があることで窃盗の危険を考えたりと、入居者のストレスも多々あるでしょう。無足場工法のなら、このような心配をすることもありません。

また、隣との敷地の間隔が狭いと、足場を組むことができず外壁作業は困難なこともあります。
しかし、無足場工法なら、人ひとりが通れる隙間があれば施工が可能。
足場を組むために隣の敷地を借ることもありませんから、ご近所へ迷惑もかけず外壁工事ができます。

関東ビルテックの会社概要

会社名 関東ビルテック
住所

本社:埼玉県所沢市東所沢和田3-6-15
東京営業所:東京都豊島区南長崎5-27-12 アーバンヒルズ東長崎1F

事業内容 ビル・マンション外壁改修工事(無足場工法)全般
資本金 1000万円

関東ビルテックの口コミ

●隣のビルとの隙間がとても狭く、足場を組んでの外壁工事ができずにいました。このまま外壁をほったらかしにもできず、ネットで調べてみたら関東ビルテックさんの無足場工法を発見。安全対策もしっかりしていたので、お願いしてみたら工事期間も短くてすみ、ほんとに助かりました。

●以前に足場を組んでマンションの外壁工事を実施したところ、住人から「日差しが入らず息苦しい」とクレームを受けてしまいました。そこで、今回は無足場で修理をすることに。ロープだけで安全性を心配しましたが、関東ビルテックさんは定期的に安全講習会を実施しているだけあって、一度も危険を感じることはありませんでした。

●以前に外壁塗装をしたとき、かなりコストオーバーしてしまいました。知り合いから無足場工法だと費用が安く出来ると聞き、関東ビルテックさんに見積もりをお願いしたら、とても割安でビックリ。足場を造らなくていい分期間も短く、仕上がりも全く問題なし。次回も外壁塗装は、無足場工法でお願いしようと思っています。

 
比べてガッテン!無足場外壁リフォーム業者を比較・検証