比べてガッテン!無足場外壁リフォーム業者を比較・検証

マンションの外壁リフォームを検討している人に勧めたい

外壁リフォーム特殊部隊!

こんにちは。
久々にサイトを作ってしまいました。

実はHPだけでなくマンションの管理もやっています。
やらねばやらねば~と先延ばしにしていた
外壁の塗り替えを、昨年の冬にとうとう実施。
今年の春からちゃんと満室になってくれました。

ところでみなさん無足場工法(ブランコ工法) って
ご存知ですか???
今回工事をお願いした業者さんたちがやっていた外壁改装工事です。
画像のようにロープ伝いで壁を塗り替えたり、亀裂を直したりするんです。
特殊レスキュー隊か映画の007とかを思い出してしまいまう光景でした。

この無足場工法のおかげで工事費が30万くらい削減され
本当に助かりましたー(^^;;)工事も1ヶ月くらい短縮できたんです。

★最新更新>>無足場外壁リフォーム業者の比較はこちら

 

マンションも見た目が大切


リフォーム前はなかなか部屋が埋まらない時期が続きました。
不動産屋から「入居希望者が見に行きますよ」と連絡があっても、
結局は「ダメでした」ということが続いていたんですよね。
不動産屋によると、「見た目が汚くて、なんだかサビれた感じがする」といって
入居をやめるケースがいくつかあったらしい。これはショックでした・・・。


うちのマンションは小規模ながら、部屋の天井が高く、
新宿まで一本で行ける立地でもあり、近隣には緑も多く、スーパーも西友が近くにあって
とてもいい物件のはずなんですが・・・。
住み心地や内装がいくらよくても、マンションの見た目(外装)で損をしていたのは明らかですね。
その不動産屋の報告が、外壁リフォームに踏み切ったきっかけです。


わずかにあった外壁のひび割れやタイル部分の黒ずみ、外階段の鉄サビなど、
「こんなものだろう」と見逃していた小さな部分までが見違えるようにきれいになり、
入居者のみなさんもお喜びです。


「もっと早くリフォームすればよかった」 「なぜ今までやらなかったんだろう」 と思うのですが、
実はうちのマンションは隣のビルとの隙間が非常に狭く、
なかなか外壁塗装のための足場が組めないという事情があり、
今まで手をつけられなかったのが正直なところだったのです。
 

管理人紹介

娘作品■ヤマザキ(男)32歳
■家族構成・・・嫁・娘(4歳)息子(0歳3ヶ月)
■趣味・・・日曜大工DIY(塗料とかはちょっとだけ詳しいです!)
■このサイトで紹介しているマンションの持ち主は親父(59歳)なんですが
ここ4年くらい実質の管理は私がやっています(^^;)
最近娘が折り紙に夢中なようで、よく付き合わされています。

 

 
比べてガッテン!無足場外壁リフォーム業者を比較・検証